運動・栄養・休養が大事

元気に健康な身体を作るには運動、栄養、休養が重要です。


運動

運動することは血行を良くして細胞を活性化させる事です。

内分泌系や循環器系にも影響を与え、各種ホルモンの分泌も促進してくれます。

若々しい身体を維持するには成長ホルモンの働きが必要不可欠です。

この成長ホルモンは、たんぱく質の代謝を促し筋肉の合成や

脂肪を燃焼、アンチエイジングなど重要な働きをします。

ですが思春期をピークに成長ホルモンの分泌は低下していきます。

年々分泌が低下してしまいますが運動することで成長ホルモンの分泌を促すことができるのです。

運動不足になると筋力低下はもちろん肩こりや腰痛、関節痛、肥満や糖尿病、脂質異常症などの生活習慣病の原因にもなります。

健康を維持し若々しい身体を作るには運動は必要不可欠なのです。


栄養

身体の機能を高めたり保つためには栄養(食事)が重要です。

栄養が不足していると各種ホルモン分泌の低下、だるい、疲れやすい、肌荒れ、生活習慣病などの原因にもなります。

また過剰に栄養を摂っても肥満や高血圧症などを引き起こしてしまいます。

炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維の6第栄養素をバランスよく摂ることが重要です。

休養

身体を休ませることで身体の機能は維持したり高めたりする事ができます。

睡眠は一日の疲労をとるのにとても重要ですが忙しい現代人は睡眠不足になりがちです。

人により必要な睡眠時間は異なりますが6~8時間はとりたいものです。

また、休養は睡眠だけではありません。

入浴やマッサージ、ストレッチといった日々酷使している身体(筋肉)を休ませているか、ストレス解消のために気分転換などしてリラックスする時間をとっているかも含まれます。

デスクワークなどで長時間同じ姿勢でいると特定の筋肉だけに負担がかかり筋肉が硬くなってしまい血行も悪くなって様々な身体の不調の原因につながります。

ストレッチやマッサージなどして筋肉を休ませることで筋肉への負担は軽減できます。

また日々ストレスを感じている方は交感神経が常に優位の状態にあります。

交感神経が常に優位の状態になっていると

様々な身体の不調の原因にもなるので日ごろからリラックスする時間を作り副交感神経を優位に働かせることが必要になります。

入浴やマッサージ、ストレッチなどをして使った筋肉、精神を休ませましょう。

その後でしっかりと睡眠をとることで睡眠の質も高くなり朝すっきりと目覚めることもできます。

これらを意識し健康なカラダを作りましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000