有酸素運動は20分以上やらなくてもOK

脂肪を燃焼させたいなら有酸素運動は20分以上やらないと効果がない!

と思っている人は多いかもしれません。

ですが、実は20分以上やらなくても効果はありますし脂肪も燃焼しています。

運動をする時間が一緒なら5分を4回の計20分、10分を2回の計20分でも効果は同じです。

糖分と脂肪によるエネルギーの利用率を決めるのは、運動の時間よりも運動の強度。

脂肪が使われるのは、強度の強い運動ではなく有酸素運動のような強度の低い運動

運動の強度と運動時間が一緒なら消費するカロリーは同じです。

なぜ20分以上と言われていたのか?

運動をする時に使われるエネルギーは主に糖分と脂肪ですが

糖分と脂肪は常に同時に使われています。

20分以上と言うのは、脂肪からのエネルギーの利用率が糖分を上回るまでの時間です。

20分以上やると糖分よりも脂肪が使われる割合が高くなるなるので

有酸素運動は20分以上やらないといけないと言われていました。

実際は、有酸素運動を10分を2回と20分一回でも

効果にほぼ差がないと分かっているのでまとまった時間が作りにくい人は

分けて行なうと言う方法もあります。

運動後は代謝が促進されています。

この代謝の高い状態は、運動後も続きその際に脂肪燃焼も促進されるので

運動中のみ脂肪が燃焼されるわけでもありません。

20分以上やらなくてもいいなら時間も作れそうですよね。

0コメント

  • 1000 / 1000