効果を最大限に引き出す運動前後の栄養摂取の仕方

大前提として運動の効果を出すには栄養をしっかりと摂らないといけません。

特に運動前後の栄養摂取はとても大切です。

運動しているのに効果が出ないと悩んでいる方は、運動前後の栄養摂取を意識してみましょう。

では、実際に運動前には何を摂ったらいいのか?

運動後には何を摂ったらいいのか?

まず、運動の前に摂っておきたい栄養素は

糖分とアミノ酸です。

糖分は、身体を動かすための最も重要なエネルギー源です。

運動前は、消化の良いゼリー飲料やバナナなどの果物を摂るといいです。

アミノ酸は、運動時に筋肉の分解を防ぎ疲労を軽減してくれます。

アミノ酸は約20種類あり、そのうち9種類は体内で合成できない必須アミノ酸です。

アミノ酸にはそれぞれ違った働きがありますが

運動前に摂っておきたいのは、特にBCAAと言われるアミノ酸です。

BCAAとはバリン・ロイシン・イソロイシンと言われるアミノ酸の総称です。

アミノ酸が入ったスポーツドリンクもありますので運動前はそれを飲むのも良いと思います。

では、運動後に摂りたい栄養素は?

運動後も運動前と一緒で糖分とアミノ酸を摂るといいです。

運動で使ってしまったエネルギーを補給するために消化吸収の良い糖分

糖分には筋肉の分解を防ぐ効果があり筋肉の合成のスイッチをオンにしてくれます。

そして

筋肉の分解を防ぎ合成をさせる為のアミノ酸です。

ここで摂るアミノ酸は、プロテインのような総合的なアミノ酸が基本です。

さらにBCAA、グルタミンも摂れるとさらい良いです。

特に筋力トレーニングの後は、必ず摂取したいです。

筋力トレーニング後は、成長ホルモンの分泌が促されて

筋肉を作るゴールデンタイムとも言われています。

運動の効果を出す為にも運動前後の栄養摂取を考えてみましょう。

もちろん何をどれくらい行ったか等、

運動の内容によってどのくらい摂取した方が良いのかは変わりますので

大したことしてないのにたくさん摂取するなどは控えましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000