効果的な筋力トレーニングと有酸素運動の順番

筋力トレーニングと有酸素運動は、どちらを先に行った方が効果的だと思いますか?

どちらでも変わらないんじゃないの?

と思うかもしれませんが効果的に運動をするなら運動の順番はとても大切なんです。

運動の順番によっては効果が半減したりもしてしまいます。

運動をする目的は、脂肪を燃焼させたい、筋肉をつけたいなど人によって目的は様々ですが

目的に関係なく効果的な運動の順番はみんな一緒です。

では効果的な運動の順番は?

効果的に運動をするなら、

先に筋力トレーニングを行い、それから有酸素運動をしましょう。

筋肉をつけることや代謝を高めることを最優先ならむしろ有酸素運動はしない方が良いです。

なぜなら有酸素運動は、筋肉を細くさせてしまうからです。

さらに有酸素運動は、太りやすい体質を作ってしまう可能性もあります。

高強度で長時間の有酸素運動ほど太りやすい身体を作ってしまいます。

筋力トレーニングと有酸素運動は、正反対の運動でトレーニング効果も全く違うのです。

筋力トレーニングをすると成長ホルモンと言うホルモンが多く分泌されます。

このホルモンは、筋肉を合成し脂肪を分解してくれます。

成長ホルモンが多く分泌されいる状態で有酸素運動をするとで効果的に脂肪を燃焼させてくれます。

有酸素運動を先に行うと成長ホルモンの分泌が少なくなり
効果的に脂肪を燃焼出来なくなり筋肉の合成も弱まります。

成長ホルモンは、有酸素運動よりも筋力トレーニングの方が多く分泌されます。

そして、筋力トレーニングは疲れていない状態でした方が効果的です。

有酸素運動を筋力トレーニングの前に行うのであれば疲れない程度に行いましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000