ダイエット停滞期の対処法は?食事量を減らせばいい?

食事を制限してダイエットを始めると最初は体重が落ちていきます。

しかし、やがてある日を境に一向に減らなくなる停滞期を迎える事があります。

経験をしている人も多いのではないでしょうか?

食事の量を抑えているになぜ体重が落ちなくなるのでしょうか?

身体は厳しい食事制限をして

摂取カロリ-が少なくなりすぎると身体は飢餓状態と認識します。

飢餓状態は生命の危機です。

身体は生命を守ろうとし

少ないエネルギーでも生命維持ができるように

省エネモードに切り替わります。

全然食べていないのにやせないのは

身体が省エネモードに切り替わり消費カロリーが少なくなったからです。

体重が落ちないからと言って

この状態でさらに食事量を減らすのはかなり危険な行為です。

この停滞期から抜けだすには、

食事量を減らすのではなく反対に量を増やす事です。

食事を増やすことで一度落ちた代謝が戻りエネルギーを消費しやすくなります。

ですが、

この状態でいきなり食事量を増やせば直ぐに元に戻ってしまい

今までの苦労が水の泡になる可能性が十分あります。

身体は飢餓状態だと

栄養素をなるべく吸収しようとして体脂肪をなるべく蓄えようとします。

食事はちょっとずつ増やしてみて様子を見ながら行なうようにしましょう。

本来、ダイエットは厳しい食事制限をして行う事ではありません。

今の自分の生活習慣を見直し太ってしまった原因を探してそれを改善していくことです。

太らない生活習慣を身に付ける事が大切です。

失敗しない為には、厳しい食事制限でやせようと思わないようにしましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000