睡眠時間不足は太りやすくなる

個人個人によって必要な睡眠時間は違うので

一概には言えませんが、最低でも6時間は確保しましょう。

睡眠は健康を維持するのにとても必要な事

睡眠不足が続くと

思考力の低下や集中力の低下、日中の眠気など

様々な悪影響が出ていきます。

それだけでなく睡眠不足は肥満の原因にもなったりもします。

私たちの食欲は、食欲中枢とそこに働きかける

ホルモンのよってコントロールされています。

食欲と関係のあるホルモンに

「レプチン」と「グレリン」と言われるものがあります。

レプチンは食欲を抑えるホルモンで

グレリンは逆に食欲を刺激するホルモンです。

睡眠不足になると食欲を抑えるレプチンが減少して

食欲を刺激するグレリンが増加します。

結果、食欲が増し知らず知らずの内に食べ過ぎてしまい肥満に繋がったりします。

運動をする時間がないからと言って

睡眠時間を削ってまで運動をするよりも

ぐっすりと寝てホルモンバランスを整えた方がいいと言えます。

睡眠は毎日十分な時間を取るように心がけましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000