学生時代運動部だった人が太るのは?

運動部に所属ていた頃は、

どんなに食べても体型は変わらなかったのに

部活を辞めてから徐々に体重が増え始めた 

と言う人は多いのではと思います。

運動部の時は、運動量がとても多く消費カロリーも多いはずです。

なのでどんなに食べてもなかなか太らなかったりします。

でも、辞めると一気に運動量が減り消費カロリーも落ちます。

さらに、運動を辞めると筋肉は衰えていきます。

年齢関係なく筋肉を維持するには運動を継続しないといけません。

筋肉はエネルギーを消費する焼却炉のような物なので

筋肉が衰え筋肉量が減ると消費するエネルギーが減り基礎代謝も低下すると考えられます。

この状態で以前と同じような食事をしていれば

消費しきれなかったエネルギーが体脂肪として蓄えられていきます。

中には「筋肉が脂肪に変わった」と言う人もいますが

筋肉と脂肪は全くの別の組織なので筋肉が脂肪に変わることはありません。

運動量と筋肉量が低下、消費カロリーが低下し脂肪がついたのです。

以前と同じ体型に戻りないのであれば

運動量を増やす、筋肉を鍛えることですが

社会人になれば、学生時代の運動部の頃のような運動量をこなすのはまず無理ですよね。

そうなると食事を変えるしかありません。

今の活動量に合った食事量にすれば太ることはないと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000