お腹周りは加齢に伴って太りやすい

日々の乱れた食生活や運動不足が続くと

身体には少しずつ体脂肪が蓄積されてしまいます。

年を取っても若い頃と同じ体型を維持するには、それなりの努力が必要です。

それにしても、年齢を重ねるごとに

お腹周りにぜい肉がつきやすくなっているような気はしませんか?

それとも、お腹の脂肪は実感しやすいだけで、

全身まんべんなく脂肪が増えているのでしょうか?

実際に加齢とともにお腹周りにぜい肉がつきやすいのは事実のようです。

これは皮下脂肪の増加ももちろんあるのですが、

どちらかといえば、皮下脂肪よりも内臓脂肪の増加によるものです。

内臓脂肪は、腸や肝臓など内臓の周囲に分布する脂肪のことです。

皮下脂肪と同じ白色脂肪(中性脂肪を溜め込む組織)で、

内臓があるお腹周りについていきます。

他の部位よりも相対的にお腹周りが肥えているケースでは、

この内臓脂肪の蓄積が特に多くなっていると思います。

内臓脂肪がつく要因としては、

糖分の過剰摂取や運動不足などと並び、

加齢が大きく影響すると言われています。

内臓脂肪は皮下脂肪よりも

代謝によって分解されやすい性質があるため、

代謝自体が低下する加齢は、

お腹周りの肥満につながりやすいとも言えます。

内臓脂肪を溜めこまないためには、

食生活や運動習慣などの生活習慣に気をつけて

代謝を低下させないことがとても大切になります。

内臓脂肪は、高血圧や脂質異常症などの生活習慣病と深くかかわっているので

内臓脂肪を溜めこまないようにしていきましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000