果物に含まれる果糖は太りやすい

果物には

ビタミンやカロテン、ポリフェノール、食物繊維などが含まれています。

多くの人が身体に良いイメージを持っていると思います。

中には身体に良いからと言ってたくさん食べている人もいるかと思います。

ですが、果物の食べ過ぎが肥満の原因になってしまうかもしれないので注意も必要です。

果物には果糖(フルクトース)と言う糖分が多く含まれています。

果糖は、ブドウ糖と違い血糖値をあまり上げません。

糖尿病の人にも良いとされていますが

果糖は、中性脂肪に変換されやすく肥満に繋がりやすいです。

わかりやすく言うと果物は野菜の砂糖漬けのような物です。

砂糖(ショ糖)は、ブドウ糖と果糖からできているので

砂糖も太りやすいです。

肥満の予防には、血糖値の上昇を抑えた方が良いとされていて

果糖のGI値(血糖値の上昇をみる数値)は低くです。

低GI値食品は、太りにくいとされていますが

実際は、果糖はブドウ糖よりも太りやすいと言われています。

果糖は、ブドウ糖よりも中性脂肪の合成を促すので

糖分の中でも太りやすい性質を持っています。

なので食べ過ぎには注意が必要です。

特に糖分の多い果物、カロリーのある果物には注意。

ですが、果物でカロリーを摂取するのも

意外と大変なのでそこまで心配する必要もないかもしれませんが

0コメント

  • 1000 / 1000