不足気味と言われるカルシウムも摂りすぎには注意が必要です

カルシウムは日本人の多くの方が不足していると言われています。

カルシウム不足にならないように乳製品や

サプリメントを摂取している人も多いと思いますが摂りすぎは注意しましょう。

普段の食事で十分な量を摂れていないならサプリメントを使うのはいいですが

食事で十分摂れている場合は危険になることもあります。

身体に良いと言われている栄養素でも

摂り過ぎると身体に害を及ぼしてしまいます。

どんな栄養素でも摂り過ぎはいけません。

カルシウムの過剰症には

便秘、尿路結石、ミルクアルカリ症候群、ミネラルの吸収阻害など

が報告されています。

カルシウムを多量に摂ると血液中のカルシウム濃度が高くなり

高カルシウム血症を引き起こし重症化すると

意識障害や昏睡状態になってしまいます。

どんな栄養素でもそうですが普通に食事をしていれば、

過剰症になることは稀でまず心配はありません。

問題はサプリメントの摂取による過剰摂取です。

または、特定の栄養素が豊富な食品を毎日多量に食べるなどもあります。

日本人は、この栄養素が不足していると言われていても

それが自分に当てはまるとは必ずしも限りません。

自分が不足している栄養素をまずは把握することが大切です。

そして、サプリメントではなく極力食事から摂るようにし

どうしても足りない物だけ補助的にサプリメントを使うようにしましょう。

食事は色々な食材を食べるようにすれば色々な栄養素を摂れます。

ちなみにカルシムの上限は、18歳以上で2,300mgとされています。

一般的に言われる1日の必要量の3倍以上の量になるので

普通に食事をしていれば過剰症の心配はまずないかと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000