糖質制限で体脂肪率は高くなったのはなぜ?

1週間ほど前から糖質制限ダイエットを実践しました。

 体重は減ったのですが、体脂肪率が少し増えてしまいました。 

何故ですか?


 体重が落ちたのは、 主に体内の水分と筋肉の量が減った為で 体脂肪は差ほど落ちていないのではないでしょうか?

 なので体脂肪率が増えたと考えられます。

 短期的に体重を落とすだけなら糖質制限は、かなり有効な方法です。 

ですが、落ちた体重の全てが体脂肪で落ちたとは考えにくいです。

体脂肪よりも体水分と筋肉が減って体重が落ちると思います。 

体脂肪1㎏落とすものもかなり大変なことなのです。 

糖質は、体内でグリコーゲンとして筋肉や肝臓にある程度蓄えられています。  

グリコーゲンを体内に蓄えるのに3倍の水分が必要になります。 

糖質制限をしていると体内のグリコーゲン(糖分)の量が減り 

それを蓄える為に必要だった水分が減るので短期間で体重が落ちます。

 また、 体内の糖分が少ないと筋肉を分解し糖分を作り出します。

 これにより筋肉が減り体重が落ちることも考えられます。

 糖質制限の効果が顕著なのは最初の方だけです。 

 カロリー制限と糖質制限 長期的に考えた場合、減量効果に差はなくなるとの報告があります。

 また、糖質制限はリバウンドもしやすく  

極端にやり過ぎれば健康を害する危険もあるのでおススメはしません。

やるなら夕食だけ制限するとかにしてみましょう。

そして

糖質制限をした分、脂質やタンパク質を多めに摂るようにして

カロリーが不足し過ぎないように心がけることも必要です。 

0コメント

  • 1000 / 1000