ダイエットはカロリーだけではありません

やせるには、カロリー収支を考える必要があるので カロリーを気にすることはもちろん必要です。

ですが、同じカロリーでも太りにくくなったり太りやすくなったりもします。

カロリーだけを気にすれば良いと言うわけでも決してありません。 

カロリー以外にも例えば

栄養バランス 食事の時間帯 食事の回数 などが関係しています。


栄養バランス

食事の基本は栄養バランスが整っていることです。

食事で摂取した栄養素を身体で利用するには、 ビタミンやミネラルが必要です。

これらが不足していれば代謝が円滑にできなくなり脂肪の蓄積につながります。 

また、PFCバランスの良い食事は太りにくいと言われています。

PFCバランスとは、タンパク質、炭水化物、脂質のバランスのことです。 

栄養素は過不足なく摂取することが大切です。 


食事の時間帯

同じ物を食べるにしても夜にたくさん食べた方が太りやすい傾向にあります。 

夜は、体脂肪の蓄積に関わるビーマルワンが体内で増えるので その時にたくさん食べてしまうと体脂肪の蓄積につながります。

また、夜は活動量も昼間に比べ少なく消費カロリーも少なくなるので 体脂肪に蓄積に繋がりやすいです。


食事の回数

一日に同じ物を食べるなら細かく何回かに分けた方が太りにくくなります。 

食事と食事の時間が長くなると身体は飢餓状態と認識し 次に栄養が入ってきた時たくさん吸収しようとします。

その時に緊急用に体脂肪を作ろうとするので体脂肪の蓄積につながります。 


例えば 1日に1,800kcalを食べるとして 和食で600kcalずつ3食に分けるのと 深夜にジャンクフードやお菓子で 1,800kcalを一気に食べるのでは明らかに違いますよね。


ダイエットと言うと食事制限を思い浮かべる方が非常に多いですが、 食事制限ではなく食事の質の改善をすると良いです。

考えて食べれば 別に甘い物やお菓子などを食べながらでもダイエットはできます。 

もちろん全体の量(カロリー)も考える必要がありますが 実際カロリー計算は、難しく現実的ではないのでカロリー以外のことを考えてみましょう。

 基本3食、バランスを考えて食べることを最優先してみましょう。

 続ければ、代謝が円滑になってカロリー消費しやすくなり 自然とダイエットに繋がる可能性があります。 

0コメント

  • 1000 / 1000