お酒をよく飲む人は休肝日をちゃんと設けましょう

今の時期お酒を飲む機会が多くなると思いますが 身体の為にはお酒は毎日飲まない方が良いです。

お酒は肝臓に負担がかかるので肝臓を休ませる 休肝日をしっかりと作ることが大切です。

肝臓は、悪くなっても自覚症状が出にくく沈黙の臓器とも言われています。

症状が出てきた時は、もう手遅れになっていることもあります。

お酒の飲み過ぎには気をつけましょう。


 臓器の修復には2日程度必要

肝臓は、脂肪肝になっていなければ 飲酒後2日程度で修復されると言われています。

肝臓だけでなくお酒は、胃や腸などの消化器官の粘膜も荒れてしまいます。

お酒で荒れてしまった臓器をしっかりと修復させる為には なるべく飲酒の期間を空けることです。 

ですので続けて飲んでまとめて休むのではなく 飲んだ後は、なるべく休ませる事です。

休肝日は週に2日必要と言われますが 5日飲んで2日休むのではなく 2~3日飲んだら1日休む 

という飲み方をすれば肝臓への負担を減らせます。

お酒をよく飲む人は、休肝日をしっかりと作って お酒を楽しんで下さいね。

0コメント

  • 1000 / 1000