あまり食べていないのに太るのはなぜですか?

太るか太らないかは、摂取カロリーと消費カロリーによります。

あまり食べていないのに体重が増え太ると言うことは 消費カロリーが少ないことが考えられます。

生きる為に必要な最低限のカロリーである基礎代謝が低い

歩く、立つなど日常生活で消費するカロリーが少ない

基礎代謝が低い理由には、実は摂取カロリーも関係しています。 

入ってくるエネルギーが少ない状態が続くと

身体はエネルギーをなるべく消費しないように 省エネモードに切り替わります。 

これは、少ないエネルギーでも生き延びる為の防衛反応です。 

基礎代謝を高くするには、摂取カロリーを増やすことも必要です。 

冷え性がある人や平熱が低い人は、  

代謝が悪いので消費カロリーが低くなるので太りやすいと言えます。  

また、自分ではあまり食べていないと思っているだけで 実は食べている可能性も考えられますよね。 食べた物を全て記録しカロリーも可能であれば算出してみると良いかもしれません。


0コメント

  • 1000 / 1000