歳を取ると筋肉痛は遅くやってくる?

 みなさんこんな経験ありませんか?

若いころは、筋肉痛は翌日に来ていたけど

歳を取ってから翌々日に来るようになった

多くの方が経験があるのではないでしょうか? 

筋肉痛が遅れてやってくると歳を取ったと感じる人も多いかもしれませんが 

実はこれ科学的な検証はされていなく関係はないとされています。 

筋肉痛が発生するまでの時間を左右するのは、

年齢ではなく運動の種類であるといわれています。

瞬発的な運動、つまり短くて高負荷な運動ほど 筋肉痛は遅れて発生し、 

逆に、軽めの運動をじっくり行った時などは、 筋肉痛は早めに起きるとされています。 

筋肉への負担の量は、運動時間と負荷の大きさで決まります。 

また、筋肉が伸ばされながら力を発揮する運動(伸張性筋収縮)は

筋肉へのダメージが大きいので筋肉痛になりやすいです。 

例えば、階段を上るよりも下る方が筋肉へのダメージは大きくなります。


加齢とともに筋肉痛が遅れてやってくるのは老化によるものではなく、

同じ運動量であっても 加齢とともに筋肉が衰え筋肉への負担が大きくなり、 

身体の反応が変わってくるためだと考えられています。 

筋肉痛の発生メカニズムは完全に解明されているわけではないですが、 

筋肉が運動によって細かく破壊され、炎症を起こすこと とされています。 

普段から筋肉をしっかりと働かせていれば

例え歳を重ねても筋肉痛が遅くなるということはないと考えられます。   

0コメント

  • 1000 / 1000