アミノ酸制限がダイエットのカギになるのかも!?

ウィスコンシン大学マディソン校から興味深い研究報告です。 

カロリー制限をしなくてもあるアミノ酸の摂取を制限することで 肥満や糖尿病などによって引きおこされる代謝上の問題に対抗できる可能性があるそうです。

そのアミノ酸とは BCAA(分岐鎖アミノ酸 ロイシン、イソロイシン、バリン) BCAAと言えば、

筋肉の分解を抑制し合成を促したりとスポーツをする人にとっては特に重要とされているアミノ酸で 一般の人でもBCAAを摂っている人は多いと思います。

マウスを使った実験で、このアミノ酸の摂取を制限すると 高脂質・高糖質食でも代謝性健康が改善していたとのことです。

不健康食をしていたのに改善とはかなり興味深い結果だと思います。 

ただあくまで動物実験なので人間で同じようになるとはもちろん限りません。 

今後研究が進み実証されていけば 新しい方法として確立される可能性があるかもしれませんね。


~実験について~ 

 実験で利用されたマウスは、 低BCAA食を好きなだけ食べても良いという環境に置かれていた。 

そのため、総摂取カロリー制限は行っていないということなのだ。

高脂肪高糖分の不健康な食事摂取を継続しているにもかかわらず 代謝性健康が改善していたとのこと。

研究者らは、低BCAA食アプローチはメタボリックシンドロームを治療したり予防したり 

する上で効果的な手法であることを期待している

 高血圧、高血糖、高コレステロール、腹部脂肪過多などが積み重なって いわゆるメタボとなって、

心疾患や糖尿病、脳卒中リスクとなる事は これまでも多く指摘されてきているのだ。

研究者らは、BCAAの摂取を低下させることがヒトの代謝性健康を改善するかどうか、 

またどのようにして食事中のタンパクの特定のアミノ酸組成が代謝性健康を調整しているのか 

について今後検討を重ねていくとしている。

これらの事は減量食を摂取している個人において 様々な応答の違いが見られることを説明づける上でも有益な情報である可能性がある


 リンク・デ・ダイエット 世界の最新健康・栄養ニュースより引用 

 EurekAlertより 出典は『生理学雑誌』。(論文要旨)

関連サイト 国立健康・栄養研究所 

0コメント

  • 1000 / 1000