インスリンは肥満ホルモンではありません

多分、多くの人が勘違いをされているかもしれませんが

インスリンは肥満ホルモンではありません。

糖質制限ダイエットの影響からかインスリンがあたかも肥満ホルモンと紹介されていたりしていますよね。

本来の働きは人を肥満させることではもちろんないですし

糖質を摂ると太るといわけでももちろんありません。

インスリンの重要な働きは ブドウ糖(グルコース)を細胞内に取り込んで

エネルギーとして利用できるようにすることです。

その他にもタンパク質の合成促進作用もあります。


インスリンの働き

・ブドウ(グルコース)糖の取り込み促進 

 ・グリコーゲン(貯蔵糖質)の合成促進 

 ・タンパク質の合成促進(アミノ酸吸収促進)

・中性脂肪の合成促進 


 インスリンが分泌されると肥満になると言われるのは

その働きの一つに中性脂肪の合成促進があるからですが

インスリン=肥満になる では決してありません。

糖分は体内で貯蔵糖であるグリコーゲンとして筋肉や肝臓にある程度蓄えることもできます。

余った分が中性脂肪になると考えてください。

また、タンパク質の合成促進作用があるので

筋肉を維持したりつけるにはインスリンが重要ということです。

実際にインスリンはステロイドと一緒で 筋肉増強目的でボディビル等で使用されているようです。

※もちろん禁止薬物です

極度の糖質制限は筋肉の分解を促進してしまう可能性があります。

糖質制限がリバウンドしやすい理由の一つとして考えられますね。   

0コメント

  • 1000 / 1000