牛乳を飲むと下痢を起こす乳糖不耐症

子供も頃は平気だったのに大人になってから牛乳を飲むと下痢を起こすようになったのは何故でしょうか?

牛乳で下痢になる人は、乳糖不耐症と考えられます。

牛乳には乳糖と言う糖が含まれています。

牛乳で下痢になってしまう人は、この乳糖を上手く分解できない為です。 

乳糖を分解するにはラクターゼと言う消化酵素が必要なのですが 

大人になると乳糖を分解する酵素がなくなっていきます。

なので子供の頃は大丈夫でも大人になったら下痢になる人もいます。

下痢以外にも個人差はありますが

お腹がゴロゴロする、お腹が痛い、おならがよく出る、吐き気などあるようです。

実は、日本人のほとんどが 乳糖を分解することができないと言われています。

ですので日本人にっては普通のことと考えられ程度の問題になります。

下痢になるからと言って特に心配する必要もありませんが

牛乳を飲んで下痢が辛いようであれば避けた方が良いと思います。

また、ヨーグルトやチーズなど発酵食品に関しては、

乳糖が乳酸菌によってある程度分解されているので ヨーグルトとかなら大丈夫かもしれません。

ですが、発酵食品でも全ての乳糖が分解されているわけではないので

ヨーグルトでも下痢になる場合もあるようです。

0コメント

  • 1000 / 1000