体型が年々変わってくるのは基礎代謝が低下してくるから

以前と食べる量も運動量も変わらないのに

太りやすくなった、やせにくくなった

体重は変わらないのに見た目の体型が変わってきた 

こんな風なことを感じたことはありませんか?

これらの原因は 昔と比べ基礎代謝が低下したからかもしれません。

基礎代謝とは、心臓を動かしたり呼吸や体温調整など

生命活動を維持するために最低限必要なエネルギーのことです。

基礎代謝は1日の消費カロリーの約7割程度を占めていると言われていますが

加齢とともに年々徐々に低下していきます。

その結果、体型も少しずつ変わってきます。

若い頃と同じ体型を維持するには 基礎代謝を低下させないことが重要となります。

基礎代謝が低下する原因は、加齢によって筋肉が衰えてしまうことが考えられます。 

筋肉はエネルギーを燃やす焼却炉のようなもので

筋肉が衰えて筋肉量が減ってしまうとエネルギーを消費しにくくなります。

筋肉があれば同じ動作をしてもエネルギーをより消費しやすくなります。

筋肉を鍛えるには運動をするしかないので体型が気になる人は、 

運動を是非取り入れてみましょう。

運動と言ってもある程度の負荷が必要なので運動強度の高い筋力トレーニングが効果的です。

0コメント

  • 1000 / 1000