糖化物質AGEは老化の原因と考えられる

糖化物質AGEとは?

 AGEとは糖化物質でタンパク質が糖化して変性したものです。

人は誰でも加齢によって 皮膚がたるんだり、血管がポロポロになったり、視力が衰えていきます。

いわゆる老化現象ですが、老化現象にはAGEが関係しているようです。

 AGEは、血液中に糖分が多い状態で作られます。

なので食事を多く摂りすぎたり糖分を多く摂るとAGEが作られ老化を早めてしまうと考えれています。 

 AGEを考える場合、重要になるのが血糖値です。

血糖値が高いとAGEが作られて老化が進みます。

体内に糖がたくさんあればあるほど、タンパク質が糖と結びついてAGEが作られます。

そして 高い血糖値の期間が長く続けば続くほど、 

その間にAGEがより作られて老化を進めてしまうと考えられます。

例え血糖値が正常の範囲内にあっても、長く生きていればその分、AGEの量は多くなります。

つまり長く生きていると、血管が傷んだり、 脳梗塞や心筋梗塞になったり、歯周病になったり、骨がもろくなったり、 認知症になるなど老化現象が現れると言うことになります。

「長生きすれば、それだけ組織がボロボロになり、老化するのは当たり前」

だとは思いますが、なぜボロボロになるのかという老化現象にはAGEが深く関わりがあります。

逆に考えれば AGEを増やさなければ老化の進行を防げるとも考えられます。

糖分は身体になくてはならない物なので血糖値を0にすることはできません。

糖化をなるべく防ぐには、必要以上に糖分を摂らないようにして

血糖値は正常範囲に保つようにすることが大切です。

また、AGEは体内で作られるだけでなく

食べ物にも含まれているので食事から体内に取り込まれてしまいます。

AGEは、高温で加熱調理した物にたくさん含まれています。 

水を使わずに焼いたり、油で揚げた物 焦げ目がついている物やキツネ色になっている物には多く含まれています。

なので見た目でAGEの量がある程度判断できたりします。

高温で加熱したり、油で揚げた物は、キツネ色になりやすいので

毎日のように好んで大量に食べるのは避けたほうがいいです。

油で揚げた物はカロリーも高いですしね。

老化現象は、AGEが全てと言うわけではもちろんありません。

他にも紫外線や活性酸素等様々なことが考えられ

その一つにAGEがあると言うことです。

老化現象は避けることはできませんが、そのスピードは生活習慣に気を付ければ遅らせることは可能になると思います。

老化を防ぐことは健康にも繋がるので生活習慣には気を付けるようにしましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000