食べ過ぎを防ぐ方法は?

一口一口よく噛んでゆっくりと食事をすると良いです。

噛む動作は満腹中枢を刺激してくれます。

一口と口よく噛んで食べれば満腹中枢が刺激され 「食べたい」と言う欲求を抑えられます。

そして、時間をかけてゆっくりと食事をすることです。

早食いをしてしまうと必要以上に食べ過ぎてしまいます。

空腹感は血糖値の低下によって起こり反対に血糖値が上昇すると満腹中枢が刺激されます。

食事をして血糖値が上昇するまでタイムラグがあるので早く食べてしまうと

血糖値が上昇して満腹中枢が刺激される前に必要以上に食べ過ぎてしまいます。 

一口一口よく噛んで食べれば自然と食事の時間もゆっくりになるので

食事制限などしなくてもこれだけでもダイエットに繋がったりもします。

0コメント

  • 1000 / 1000