ランニングは脚が太くなりそうで不安

全身運動であるランニングは無駄な体脂肪を落とし体幹や下半身の筋肉も鍛えることもできます。 

確かに脚のトレーニグ効果も期待できますが、

スクワットのような筋力トレーニングと違い ランニングで脚が太くなることはまずありません。

有酸素運動と筋力トレーニングでは使う筋肉自体が違うからです。

筋肉は、大きく分けると 遅筋線維と速筋線維に分けることができます。

遅筋線維は、持久力に優れている筋肉で ランニングのような有酸素運動の時に使われます。

速筋線維は、筋力や瞬発力に優れている筋肉です。

全力疾走や筋力トレーニングのような強い力を発揮する時に使われます。

筋肉の特性上、トレーニングをして太くなるのは、主に速筋線維

遅筋線維は、トレーニングをしてもほとんど太くはなりません。

ランニングのような有酸素運動では遅筋線維が使われるので太くはならないのです。

脚が太くなるどころかむしろ細くさせてしまいます。

遅筋線維は持久力に優れていて疲れにくい筋肉です。 

太くない方がエネルギーのロスが少なので疲労しにくくなり持久的な運動に有利となります。

太い筋肉は持久的な運動に向いていないので持久的な運動で筋肉は太くはならないのです。

マラソンランナーの脚を見てみてください。

マラソンランナーは、スプリンターと違い脚が細く太い人はいないかと思います。 

ランニングは脚が太くなりそうで不安だと思っていた方は 

安心してランニングを始めてみてください

ただし有酸素運動でも疲労困憊まで行ってしまうと

速筋繊維も使われていくので太くなる可能性もあります。 

疲労困憊になっている時点で有酸素運動ではなくなっているんですけどね。

0コメント

  • 1000 / 1000