ごはんやラーメンなど糖質食品をやめられないけどやせたい

ごはんやラーメンなどもやめる必要はないので 食べたければ食べて良いです。

糖質を食べると太ると言うイメージを持っている人が多いかもしれませんが

糖質を食べる事自体が太る原因でもありません。

もちろん糖質は太ってしまう原因になりますが糖質を食べてもやせることは可能です。

太ってしまうのは過剰に摂取していることで問題は食べる量 

糖質食品は単価が安く手軽に摂れるので過剰になりやすいのです。

適正な量を食べていればもちろん太ることはありません。

栄養素でカロリーがあるのは糖質、脂質、タンパク質です。

これらは必要以上に食べていれば体脂肪として蓄えられるので太る原因は糖質だけではありません。

食事の基本は、栄養バランスの良い食事です。

バランスの悪い食事は太りやすくなると考えられるので

最優先は量よりもバランスを整えることが大切です。

例えばラーメンを食べるならラーメンよりもチャーシュー麺を選ぶようにする

ラーメンは糖質に偏ってしまうので太りやすいと言えます。

チャーシュー麺ならタンパク質が摂れるので 栄養のバランスがやや改善されて太りにくくなります。 また、糖質を代謝するにはビタミンB1なども必要です。

不足してると代謝が上手くできなくなり体脂肪として蓄えられやすくなります。

糖質の摂取量が増えればビタミンB1の必要量も増えます。

不足している栄養素を考えて食べれば さほど量を意識しなくてもやせる可能性もあります。

ごはんやラーメンは食べてもちろん良いのですが

糖質過多の食事にならないように気をつけましょう 

0コメント

  • 1000 / 1000