腹筋だけではお腹は割れません

腹筋は構造上もともと誰でも割れている筋肉なのですが

割れて見えないのは、筋肉の上に皮下脂肪が覆いかぶさっているからです。

この皮下脂肪を減らしていかないと筋肉の割れ目が見えてきません。

腹筋を鍛え筋肉を大きくすれば

割れ目は見えやすくなりますが皮下脂肪の量が多いと、割れ目が見えません。

お腹を割れて見せさせるには皮下脂肪を落とす必要があります。

つまり体脂肪率を落とすことですが、腹筋だけやっていてもなかなか脂肪は落ちません。

腹筋をすればお腹の脂肪が燃えるわけでもありません。

脂肪を効率よく減らすには、

腹筋以外にも脚や背中、胸などの大きい筋肉も一緒に鍛えて脂肪が燃えやすい身体を作ることが必要です。

大きい筋肉を鍛えれば、代謝を効率よく高くする事ができ

お腹についた皮下脂肪も効率よく燃やしてくれます。

もちろん食事も気をつけないといけないので

食べ過ぎずにバランスの良い食事を心がけましょう。

目安の体脂肪率は個人差もあるかと思いますが10~12%程度だと思います。

このくらいならくっきりと見えてくるのではないでしょうか

脂肪はなかなか落ちないので根気強く行いましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000