酵素とは?摂取しても意味がない?

酵素とは生体内での化学変化を触媒する物質で栄養素ではありません。

触媒とは自身は変化しないで他の物質の化学反応の速度を速めたり遅くしたりする働きをする物質です。

食べた物を消化したり代謝したりするには

酵素が必要で私たちの生命活動には欠かせません。

生命活動に欠かせないことから摂取すると

「健康にいい」「ダイエットにいい」「アンチエイジングにいい」

など謳われています。

だからと言って単純に口から摂ればいいと言うことにはなりません。

口から摂取した物は消化されます。

消化で身体に吸収できる大きさまで一度分解されて吸収されます。

酵素自体はタンパク質で構成されています。

タンパク質は分子量が大きくこのままでは吸収できないので

一度消化してアミノ酸まで分解されてから吸収されます。

そして、必要に応じて再び様々なタンパク質に合成されます。

この際にまた酵素に合成されるとは限りません。

ですので酵素を摂取しても

残念ながら酵素を吸収できるわけでもなく

酵素を補給できるわけでなないのです。

酵素は消化酵素によってアミノ酸に分解されてから体内に吸収

吸収されたアミノ酸は必要に応じて再びタンパク質に合成

酵素を摂取しても意味がないと言えます。

0コメント

  • 1000 / 1000