タンパク質だけでは筋肉はつかない、十分な糖質も必要

筋肉を付けるにはタンパク質が重要ですが 

タンパク質だけでは効率よく筋肉をつけることはできません。

タンパク質と同じくらい重要な栄養素が糖質です。

糖質は体内でも合成できるので必須栄養素と言うわけではないかもしれませんがしっかりと摂取する必要はあります。 

糖質の摂取が少ないと身体は体内で糖質を作り、血糖値を一定の範囲内に保とうとします。

糖質以外から糖質を作ることを糖新生と言いますが糖新生の材料は、主にアミノ酸です。

脂肪分解で生じたグリセロールは糖新生の材料になりますが、脂肪酸は材料になりません。

自分の筋肉をアミノ酸に分解して糖質を作ります。

アミノ酸のほとんどが糖原性アミノ酸と言って糖新生の材料にすることができます。

なので食事で糖質を摂らないと筋肉はどんどん分解されてしまい

いくらトレーニングをしても効果的に筋肉を付ける事はできません。

さらにレーニングを効果的に行うためにも糖質は必要になります。

高強度の運動になればなるほど糖質が重要なエネルギー源となるからです。

また、トレーニング後はタンパク質と一緒に糖質も摂ると良いとされています。

糖質を摂取することで筋肉の分解を防ぎ グリコーゲンの合成を活発にし疲労回復が期待できます。

また、糖質を摂ることでインスリンが分泌され 

インスリンによって効率よくタンパク質を細胞に取り込む事もでき

筋肉分解から筋肉合成に切り替えてくれます。

筋肉をつける為には糖質をしっかりと摂取する必要があります。

タンパク質を摂っているのになかなか筋肉がつかない人は

もしかしたら糖質が足りていないのかもしれません。 

その他にビタミンやミネラルももちろん必要になるので 

過不足なく栄養素を摂取することが必要です。 

0コメント

  • 1000 / 1000