食べる量が少ないのに太るのはなぜですか?

太るか太らないかは、

摂取したエネルギーと消費したエネルギーによります。

あまり食べていないのに太ると言うことは

消費エネルギーが少ないことが考えられます。

生きる為に必要な最低限のエネルギーである基礎代謝自体が低い

歩く、立つなど日常生活で消費するエネルギーが少ない

基礎代謝が低い理由には、摂取カロリーも関係しています。

入ってくるエネルギーが少ない状態が続くと

身体はエネルギーをなるべく消費しないようになっていきます。

これは、少ないエネルギーでも生き延びる為の防衛反応

基礎代謝を高くするには、

摂取エネルギーを増やすことも有効になる場合もあります。

また、自分ではあまり食べていないと思っているだけで

実は食べている可能性も考えられますし

ビタミンなどが栄養素が足りていないのかもしれません。

エネルギー源であるATPを生成するには

ビタミンなどの補酵素が必ず必要です。

何か不足している栄養素があれば

ATPを生成できなくなるのでエネルギー生産が落ちてしまいます。

バランスよく栄養素を摂取しているのかどうか

量が多すぎていないかどうか

または少なすぎていないかを考えてみましょう。

0コメント

  • 1000 / 1000