ココナッツオイル、MCTオイルはダイエットにいいの?

俗に身体に良い油と言われダイエット効果があると言われているようですが 

ダイエット効果はないかと思います。

特別意識して摂取する必要もないかと個人的には思います。

ココナッツオイルの飽和脂肪酸には中鎖脂肪酸が多く含まれています。

この中鎖脂肪酸がダイエットに良いと言われているようです。

中鎖脂肪酸はMCTオイルです。

脂肪酸は、二重結合の有無の他に炭素鎖の長さによっても分類されます。

中鎖脂肪酸は炭素鎖の炭素数が8個、10個で炭素数が12個以上が長鎖脂肪酸になります。

中鎖脂肪酸は飽和脂肪酸になります。

天然の脂肪酸のほとんどが長鎖脂肪酸で炭素数が多いとより多くのATPを合成できます。

中鎖脂肪酸は、長鎖脂肪酸と吸収経路が異なり吸収がよくエネルギーになりやすいのが特徴です。

身体に溜まりにくいのでダイエットに良いらいしいのですが、信頼できるエビデンスはないようです。 吸収がよくエネルギーになりやすいとダイエットに良いわけではありません。

むしろ吸収が良いと太りやすいのでは?と思います。

糖質でいえば、砂糖は吸収が良くエネルギーになりやすいですが、太りやすいです。

同じ糖質でも砂糖よりも吸収の遅い多糖類であるごはんの方が太りにくいと言えます。

中鎖脂肪酸の効果は、小児のてんかん発作に対して有効性が示唆されています。

安全性に関しては、適切な量ならおそらく安全のようですが、

下痢、嘔吐、局所刺激、吐き気、胃腸の不調などが起こる可能性もあるようです。

中鎖脂肪酸は、乳製品に含まれているので 摂取したいのであれば

牛乳やヨーグルト、チーズなどを食べれば良いかと思います。

基本的に何かを摂取すればダイエットになるということはありません。

ダイエットは、必要な栄養素を過不足なく摂取してカロリーをやや抑えることです。

太るかやせるかは、エネルギー収支によるのでカロリーを抑えなければやせれません。

中鎖脂肪酸も摂取し過ぎればカロリー過多になるのでダイエットに繋がりません。

0コメント

  • 1000 / 1000