飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸について

脂質は大きく分けると飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます。

これは二重結合の有無、脂肪酸の分子構造によって分けられています。

炭素が水素で満たされているものを飽和脂肪酸

水素で満たされていないものが不飽和脂肪酸になります。

飽和脂肪酸は、動物性の脂質で常温で固体の脂です。

肉や牛乳、ココナッツオイルなど

また、炭素鎖の炭素数によって短鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、長鎖脂肪酸に分けられます。

過剰摂取に繋がりやすいので注意が必要な脂です。

不飽和脂肪酸は、魚や植物に多く常温で液体の油です。

n-3系、n-6系、n-9系に分けられます。

オメガ3とか一価脂肪酸や多価脂肪酸とも言います。

このうち体内で合成できない必須脂肪酸は、n-3系とn-6系になります。

n-3系は魚油

αリノレン酸、EPA、DHA

n-6系は植物油に多く含まれています。

リノール酸、γリノレン酸

魚油に多いn-3系の脂肪酸は不足しやすいので意識して摂取する必要があるかと思います。

n-9は非必須脂肪酸でオリーブオイルに含まれるオレイン酸などです。

食物で摂取した脂質は、エネルギー源や細胞膜、ホルモンの材料などとして利用されます。

過剰摂取は生活習慣病の原因になると考えられるので適切な量を摂取することが大切です。

俗に身体に良いと言われる油は、n-3系脂肪酸

心臓血管系疾患の予防に良いとも言われています。

0コメント

  • 1000 / 1000