ご飯を角砂糖〇個分と例えられていたりしているけど…ご飯と角砂糖は違います

よくご飯に含まれる糖質の量を角砂糖〇個分とよく例えられたりしてますが 

ご飯と角砂糖はまるっきり違います。

日本食品成分表によると

ご飯100gあたり168kcal 炭水化物37.1g 利用可能炭水化物(単糖当量)38.1g となっています。

お茶碗一杯を約150gとすると

ご飯一杯で炭水化物は約57g

角砂糖一個を4gとすると約14個分になります。 

お茶碗一杯のご飯は角砂糖で言うと約14個分の糖質を含むことになります。 

含まれる糖質の量で言えば間違いではないのですが糖質の種類が違います。

なので ご飯=角砂糖〇個分 ではありません。

ご飯に多く含まれる糖質は、

多糖類と言ってブドウ糖が多数結合した糖質

砂糖は二糖類と言って ブドウ糖と果糖が結合した糖質

種類が違うと何が違うの?

消化吸収の速度が違います。 つまり血糖値の上昇速度が違います。

砂糖は二糖類で速やかに吸収されエネルギー源となりますが血糖値が急激に上がりやすいです。

そして中性脂肪になりやすい果糖を含んでいます。

ご飯は多糖類なので消化作業をしてブドウ糖に分解してから吸収されます。

ですので砂糖と比べ吸収が遅く血糖値の上昇も緩やかです。

消化作業自体にもエネルギーを使うのでご飯の方がエネルギーを多く使うと言えます。

このようにご飯と角砂糖ではまるっきり違うのです。

角砂糖で例えると何だか身体に悪そうと言うイメージを多くの方が持たれるかと思います。

意図的に悪いイメージを持たす為に例えているのか

それとも本当に同じだと思っているのか

真意は分かりませんが角砂糖とはまるっきり違うので

このような情報には惑わされないように注意しましょう。   

Ideal Body Design

アイデアル ボディ デザイン 横浜パーソナルトレーニング 出張パーソナルトレーナー ご自宅や会社等トレーナーがご希望の場所にお伺いします。

0コメント

  • 1000 / 1000