サウナスーツを着て運動しても意味がありません

サウナスーツを着ると汗をたくさんかけるので

ダイエットに良いと思っている人多いかと思いますが

汗をかく=脂肪が燃焼している

ではありません 

サウナスーツを着ても実はまったく意味がありません。

意味がないどころか反対にエネルギー消費量が抑えられる可能性があります。

身体は体内のエネルギーを燃やして熱を作っていますが 

サウナスーツは熱が保温されるのでエネルギー消費量は抑えられてしまいます。

反対に薄着の場合は、熱が発散されやすいので熱を作る為にエネルギー消費量は高くなります。

外気温が低い方がエネルギーはより作られます。

基礎代謝に関しては夏よりも冬の方が高くなるのです。

また、運動による消費カロリーは厚着でも薄着でも変わらないので

サウナスーツを着て運動してもカロリー消費は同じです。

サウナスーツを着ると汗をよりかき 脱水症状に気をつけないといけなくなりますし

暑さで集中力も続かなくなり運動の質が低下する可能性もあるので

むしろ着ない方が良いと思います。

サウナスーツを着るメリットは、身体が早く温まること

寒い冬は身体が温まるまでは、サウナスーツを着て

その後、暑いと感じるなら脱いで快適に運動しやすい服装で良いです。

汗をかいて体重が落ちるのは、水分が減っただけなので水を飲めば直ぐに元通りになります。

体脂肪が減ったわけではありません。

プロボクサーのように計量をパスしなければいけないとかなら

着る必要もありますが、そうでない一般の方が着る必要はないかと思います。

0コメント

  • 1000 / 1000