筋肉がつきやすい人とつきにくい人は何が違うの?

トレーニングの効果は人によって異なります。

同じトレーニング、同じ食生活、睡眠をしていてもその効果には必ず差がでます。

いくら頑張っても筋肉がつかない人がいる一方

少しのトレーニングでも筋肉がつく人もいます。

筋肉がつきやすい人とつきにくい人と何が違うのでしょうか?

食が細いとか体重が増えにくいとかもありますが

一番の原因は、筋肉の組成の違いです。

筋肉には大きく分けると速筋繊維と遅筋繊維に分けられます。

トレーニングをして太くなるのは速筋繊維で

遅筋繊維はあまり太くなりません。

速筋繊維と遅筋繊維の割合は、個人個人で異なります。

この割合は遺伝的に決定されていて後天的に変化はないとされています。

ですので遺伝的に遅筋繊維が多いと筋肉は非常につきにくいのです。

反対に速筋繊維が多いと筋肉が非常につきやすいです。

自分がどっちか簡単に判別する方法として

短距離が得意か長距離が得意かである程度判断できます。

50m走と12分間走のタイムで判断する方法もあります。

短距離が得意なら筋肉がつきやすいタイプで長距離が得意なら筋肉がつきにくいタイプと言えます。

どっちでもない人は、特別つきやすいわけでもなく特別つきにくいわけでもありません。

ほとんどの人はこのタイプに入ります。

では、つきにくい人はいくら頑張ってもつかないのでしょうか?

速筋繊維の割合によるかと思います。

遅筋繊維の割合がとても多いなら正直筋骨隆々になるのは難しい、もしかしたら不可能かもしれません。

ですが、ある程度の筋肉はつけることは可能です。

頑張ってトレーニングをすれば

自分の遺伝的限界まで筋肉を肥大させることは可能ですので

諦めずにトレーニングをすることはとても大事です。

トレーニングは他人との比較ではありません。

過去の自分との比較です。

逆に筋肉がつきにくい人は長距離の才能があります。

マラソンなど自分に合った運動を選択するのもいいのではないでしょうか

頑張れば上に行ける可能性が十分にあります。

0コメント

  • 1000 / 1000